Works

TOP > 設計実績 > リフォーム >Mm-House Renovation

設計実績 リフォーム

全面リフォーム耐震改修

Mm-House Renovation
築40年 2階建から平屋へのフル・リノベーション

南側ファサード.2階建てから平屋になり、屋根形状や外部仕上げ、外部開口部も一新した.白くシンプル、かつエッジを効かせたシャープな外観としている.
場所 秋田県秋田市
構造・規模 木造 2階建から平屋に減築
家族構成 夫婦
延べ床面積 154.71㎡(46.70坪)から 94.77㎡(28.61坪)に減築

大量にストックされた既存住宅活用の時代を迎え、耐震性能向上+新しい暮らしのためのフルリノベーションという、一つのモデルケースとなりました。

秋田市八橋の住宅地に建つ、築40年あまりの住宅のフル・リノベーション事例です。

建築は昭和50年代前半築の木造モルタル外壁の2階建ての住宅で、人が住まなくなって数年が経ち、2階の天井や壁には雨漏りと思われる痕跡が何ヵ所にも見受けられました。

その他、外部・内部に渡り40年分の経年劣化は至るヵ所に見られ、新築すべきかリノベーションで行くべきか、方針の決定には長い時間を要しました。

最終的には、ご親族から受け継ぐ住宅であり、耐震性能や断熱気密性能を向上させる事により、十分これからも住み継いでいけるものと判断しました。

今後、ご夫婦が住み継ぐにあたり、既存住宅の床面積はいかにも大き過ぎ、その事が改修コストや耐震性に良い影響を与えないのは明白でした。そのような判断の下、傷みの激しい2階部分は撤去し、コンパクトで安心して住める住宅へのフルリノベーションが開始されました。

耐震改修により公的な補助金を獲得するため、一般診断法による耐震診断を実施しました。上部構造評点のうち最小の値を0.3(倒壊する可能性が高い)から、2.2(倒壊しない)まで引き上げ、現行基準法に余裕を持って適合する耐震性能を有する住宅となりました。また、断熱材や気密材も全ての仕上げを撤去して施工し直し、開口部性能も合わせて現行の省エネ基準に適合する住宅となっています。

エクステリア・インテリアは、既存の大きな構造ブロックやゾーニングを生かしつつ、言われなければリノベーションとは気づかないレベルまで手を加えていきました。

完成した住宅は、白くシンプル、かつエッジを効かせたシャープな外観となりました。外観とはやや対照的に、内部はオフホワイトを基調とし、ダークブラウンの柱や梁を露出させ、ナチュラルで落ち着いた大人の雰囲気としています。

大量にストックされた既存住宅活用の時代を迎え、耐震性能向上+新しい暮らしのためのフルリノベーションという、一つのモデルケースとなりました。

既存外観.築40年あまり. 2階建てだった既存住宅外観.
既存和室.8帖+6帖の二間続き. 増築されたと思われる既存洋室部分.
既存洋室の階段下収納. こちらも増築されたと思われる、もう一つの洋室.
西向きの既存台所と食堂. 既存玄関.
2階部分を撤去する工事から開始した. 残された基礎と構造躯体.
既存の構造躯体.腐朽した土台や劣化した基礎も見受けられた. 既存の構造躯体.
プラン変更で必要になった部分には、基礎を増設した. 増設した基礎部分.
必要に応じて、新しい構造材を加え、構造金物で強固に固定する. 屋根形状も変更し、トップサイドライトを設けた.
リビングは梁表しとするべく、集成材の梁を架け渡した. 既存部材と新たた構造材の取り合い.
既存1階平面図.昭和50年代前半の住宅の間取り.北寄りに台所・食堂、二間続きの和室が配置され、南側には洋室.南側に突き出た洋室は両側とも後に増築されたものと思われる.
改修1階平面図.現代的なライフスタイルに合わせて、台所や食堂はLDKとして一体の空間とし、南東に配置された.寝室も南に面して配置され、収納も充実させた(黄色の着色部分).玄関回りもゆったりしており、土間や趣味のためのスペースも確保している.
南に面するリビングから、ダイニング・キッチンを見通す.ダイニングテーブルとキッチンが見える.西側上部には、トップサイドライト.
ダイニングからリビング方向を見る.ダークブラウンに塗装された梁が、等間隔で露出する.
ダイニングからリビング方向を見る.必要な既存柱と筋交いが露出するが、デザインの一部として取り込んでいる.
ダイニングからキッチンを見る.西側上部のトップサイドライトから、光が効果的に差し込む.南側を除き開口部はそれほど大きくないが、有効に視線が外部へと通る.
壁はシナ合板エマルションペイント仕上げ、床は天然木化粧フローリング. ダイニングとトップサイドライト.
リビングとトップサイドライト.拡大表示 セラミックトップのキッチン.視線はダイニング~リビング~外部へと抜ける.
キッチン上部に位置するロフト.畳敷きのプライベートな小空間.トップサイドライトが間近に感じられる. キッチンとロフト.拡大表示
ゆとりのある玄関土間.右手には壁面収納. 玄関土間からホールを見る.左手に壁面収納、正面左側は収納+趣味室.
玄関の壁面収納.右手は収納+趣味室. 寝室前のウォークインクローゼット.可動棚でフレキシブルに使用可能.
南西側から見る.車3台分のカーポート. 南東側から見る.今後、庭も整備予定.
リビング コンセプト・イメージ -1 リビング コンセプト・イメージ -2

Works Menu

  • 住宅
  • リフォーム
  • 店舗
  • 医療施設
  • オフィス
  • その他建築

県別INDEX

  • 青森
  • 岩手
  • 秋田
  • 宮城
  • 山形
  • 福島

Profile

Issei Katoh

  • デザインコンセプト・理念
  • 加藤一成プロフィール
  • 受賞歴
  • 会社概要
  • よくあるご質問Q&A
  • Photo Gallery
  • Design in Office
  • Links

採用情報

Housing Performance

  • Design
  • Performance
  • Cost

Voice

お問合せやご相談はお気軽に

仙台 022-739-8931

秋田 018-831-4315

  • 無料相談
  • お問合せ
  • 無料セミナーのご案内
  • ニュースレター申込み
  • 設計事例集プレゼント
  • 建築家プラン提案パック

Media

Products

Japanese Style

Copyright © 加藤一成建築設計事務所 All Rights Reserved.